中丸三千繪後援会 会則

第1章 総則

第1条(名称)

本会は、「中丸三千繪後援会」と称する。

第2条(事務所所在地・本会の運営する施設)

本会の事務所は、株式会社ネクシィーズグループ(東京都渋谷区桜丘町20-4)内に置く。

第2章 目的

第3条(目的)

本会は、世界を代表するオペラ歌手である中丸三千繪が日本国内において公演活動を行うにあたり、積極的に活動支援することを目的とする。

第3章 会員

第4条(会員)

  1. 本会の会員(法人会員)は、本会の主旨に賛同する者で、会員の推薦を得て役員会によって承認された者とする。なお、承認されなかった場合の事由は一切開示しないものとする。
  2. 会員として入会を希望する者は、本会が定める入会申込書により、代表理事に申し込むこととする。
  3. 後援会に貢献する称号として、名誉顧問等を設ける。

第5条(年会費)

会員は、役員会の定める所により、次の年会費を納入しなければならない。
※期間は入会月より1年間とする

年会費

正会員 1万円(税込)
特別会員 10万円(税込)
正会員・特別会員共通

第6条(変更の届出)

会員は、次の各号に該当するときは、30日以内に、代表理事へ届け出なければならない。

  1. 氏名もしくは住所、またはその事業の名称もしくは、本会に届け出た主たる事業所の所在地、その他連絡先等を変更したとき。
  2. その経営にかかる事業の全部または一部を休止、または廃止したとき。

第7条(地位譲渡等禁止)

会員は、その会員としての地位その他、本会に対する権利を第三者に譲渡、または質入その他担保に供してはならない。

第4章 機関

第8条(役員)

本会には、次の役員を置く。

第9条(役員の選任及び解任)

  1. 役員は、特別会員の中から推薦を得た者が、総会においてその決議により選出する。また、総会は理事及び監事をその決議により解任することができる。
  2. 代表理事、副代表理事等は、役員会においてその決議により選出する。また、代表理事、副代表理事等は、役員会の決議により解任することができる。

第10条(役員の任期)

  1. 役員の任期は、就任後2年内の決算期につき開催された定時総会の閉会のときまでとする。
  2. 前任者の途中で選任された役員の任期は、前項の規定にかかわらず、前任者の残存期間とする。
  3. 役員は、再任されることを防げない。

第11条(代表理事)

  1. 代表理事は、会務を執行し、役員会を組織し、また本会を代表する。
  2. 代表理事が、事故その他、職務を行えない事由があるときは、代表理事の予め定める順序に従い、副代表理事がその職務を代行する。
  3. 代表理事は、役員会の承認を得て事務局長を定め、日常業務の執行を委任することができる。

第12条(総会)

  1. 総会は、第20条、第21条に定める総会員をもって構成すべき場合を除き、特別会員をもって構成し、本規約に定める事項を決定するものとする。毎決算期より2ヶ月以内に開催する定時総会と、必要に応じて召集される臨時総会とする。
  2. 総会は、役員会の決議により、代表理事が招集し、議長を務める。
  3. 特別会員の3分の1以上の者が、会議の目的たる事項を示して、総会の開催を請求したとき、代表理事は2週間以内に臨時総会を招集しなければならない。
  4. 総会の招集は、会議の目的たる事項を示し、開催日より2週間前までに、特別会員へ通知しなければならない。但し、緊急を要する場合はこの限りでない。
  5. 総会は、特別会員またはその委任を受けた者による特別会員総数の過半数の出席がなければ開催することはできない。但し、特別会員は書面により他の特別会員にその議決権の行使を委任することにより、この場合にはこれを出席したものとみなす。
  6. 総会においては、出席した特別会員の過半数をもって決する。
  7. 全ての総会は議事録を作成し、代表理事並びに特別会員の出席者2名が署名または記名捺印する。

第13条(役員会)

  1. 役員会は、理事をもって構成し、本規約に定める事項その他、本会の運営に関する重要事項を決定する。
  2. 代表理事は、定期的にかつ必要に応じて役員会を招集し、議長を務める。
  3. 理事の3分の1以上の者が、会議の目的たる事項を示し、役員会の開催を請求したとき、代表理事は2週間以内に役員会を招集しなければならない。
  4. 役員会において、出席した理事の過半数をもって決する。
  5. 全ての役員会で議事録を作成し、議長及び議長指名の出席者2名が署名または記名捺印する。

第5章 運営

第14条(運営の資金及び資金使途)

本会は、会員の年会費並びに、事業及び財産から生ずる収入等により運営する。
また、運営資金は役員会において、出席理事の3分の2以上の同意をもって、資金使途を決定することができる。

第15条(運営事務局および施設)

本会において、「中丸三千繪後援会」運営事務局を株式会社ネクシィーズグループに委託し、その運営事務局費用ならびに、各施設等の利用料は別途定めるものとする。

第6章 会計

第16条(監査及び承認)

  1. 監事は、本会の会計を監査する。
  2. 決算は、監事の監査を受け、定時総会の決議により承認を得なければならない。

第17条(会計年度)

本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日迄とする。

第7章 会員資格の得喪及び除名

第18条(退会)

会員は、代表理事に対して書面による退会の意思表示を行い、承認を受けることにより本会を退会することができる。但し、既に支払われた年会費は、特別な事由を除き一切返還しないものとする。また既に支払期の到来した未納会費については、その支払義務は免れないものとする。

第19条(除名)

  1. 役員会は、会費未納会員及び本規約に著しく違反した会員を、出席理事の3分の2以上の同意をもって除名処分とすることができる。
  2. 前項の場合、当該役員会の1週間前にその会員に対し通知することを要し、会員が希望する場合には、役員会において弁明の機会を与えなければならない。

第8章 規約の変更及び解散

第20条(規約の変更)

本規約は、理事会員数の過半数の出席がなされた役員会において、出席理事会員の3分の2以上の同意により、役員会の決議がなされなければ、これを変更することができない。

第21条(解散)

  1. 本会は、理事の3分の2以上の同意により、役員会の決議がなされなければ解散することはできない。
  2. 前項により、解散がなされた場合、本会の正味財産すべての取扱いを役員会に一任することとする。